period cooling-off top画像

引越し

新築一戸建て鉄骨工法の注文住宅の特徴について

新築一戸建て鉄骨工法注文住宅は、比較的屋根をフラットつまり平屋根にした方が、建て易い工法です。

しかしながら、寄棟や切妻にもできないことはありません。鉄骨の新築一戸建ては、昔で言うことの軽量鉄骨ではなく、重量鉄骨を基本としていることが、多いので、構造的にも、しっかりしたものになります。

また、注文住宅としても、注文通りにしやすい構造です。他の木造や鉄筋コンクリートでは、構造的に制約が多いのです。

鉄骨工法の新築一戸建で、この工法を使用する場合は、柱と梁の上下でも、壁等が違っても大丈夫なのです。

平面プランも考えやすいし、壁をたとえば、曲線にするとかも1階のみでもできます。

柱型が鉄筋コンクリートほどではありませんが、大きくなる事は、しかたありません。それをも活かせる工法です。


LINK

おすすめ